借り入れの目的を見失わないようにする事が大切

即日キャッシングを利用する人は少なくありませんが、どのような場合にそのような出費があるでしょうか。たとえば車検満了日をすっかり忘れていて、すぐに車検を受けなければならなくなると法定費用などはその場ですぐに支払わなければならず、決して少なくない出費です。まして普段から蓄えが無い状態での出費は、たとえ小額であっても手痛いものです。

 

すぐに現金を用意する事ができない人にとってキャッシングはとても頼りになる半面、利用の仕方には十分な注意が必要なのも確かです。急な出費を賄うための一時的な利用ならば、返済の見通しも立てやすいですが、安易に借りては返すを繰り返していると、いつのまにか浪費が進んでしまって返済に困る事にもなりかねません。

 

キャッシングは、保証人も担保もいりませんし、本人確認の書類があればすぐに申し込みが可能です。即日キャッシングは消費者金融や大手銀行でも取り扱っていて、どこでも簡単に利用できます。ですから、新たな借り入れの目的が他社の返済のためになってしまうならば注意が必要です。

 

自転車操業に注意

収入に対して一定の額までであれば、借り入れ先が複数でも融資ができる場合もあります。ですから、1社目で借りた分の返済時に現金がないという時、収入に対してまだ借り入れ可能限度額に余裕があれば、2社目でもう一度契約をして1社目の返済分を借りてしまうという自転車操業状態に陥る事も少なくないのが現状です。

 

消費者金融ではルールがあって、収入の3分の1を超える融資はできません。ですが、逆を言えば収入の3分の1までなら借り入れができるのです。審査の段階で、現状の借金の残高がいくらあるのかは金融会社も把握できます。
ですから、他社との合計額が収入の3分の1以内に納まっていて返済も滞りなく行われているのであれば、限度額こそ少ないかもしれませんが、借り入れができてしまうという可能性があるのです。

 

もちろん、銀行も消費者金融も返済能力の有無に関しては色々な側面から判断する事になりますが、ある程度の安定した収入があるからといって、やたらに借りてしまうと、いつの間にか借金が大きくなってしまっているという事になりかねません。借金を繰り返して返済が長くなれば、その分利息も多くなりますし、最終的に支払う額は、当初借り入れた額を想像以上に上回っているかもしれません。

 

借金の返済のために他社での借り入れを検討しているのであれば、おまとめローンの方が低金利で安心です。おまとめローンは銀行、消費者金融のどちらでも用意されている金融商品ですので、自転車操業に陥ってしまっているならば、そちらへの借り換えも考えてみるといいでしょう。

 

多重債務で生活に困っているなら

複数社返済しなければならないとしても、現状の生活で返済し続ける事ができるのであればそれでもいいかもしれませんが、既に行き詰まっているのであれば何か対策を講じなければなりません。多重債務に陥った状態で、さらに借金をするのは現実的な解決策にはなりません。まずは今ある借金を整理して、きちんと残高を減らしていく事に集中するべきかもしれません。

 

おまとめローンにしたとしても返済に無理があるという状態になっているのなら、債務整理をおすすめします。そうなると専門家の助けが必要になりますが、テレビのコマーシャル等でもよく見かけるように、無料相談を受け付けている法律事務所はたくさんあります。もしも生活が限界を超えてしまっているのであれば、思い切って相談に行ってみると解決の一歩を踏み出せるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日