信用情報機関に悪い情報として残される条件とは?

銀行、消費者金融からキャッシングしたものを返済せずにいたり、また何の連絡もなしに放置しておいた場合、これを貸金業界では事故として取り扱われます。ただ、ここで覚えておいて頂きたいのは、これらの事故の情報に関して、貸金業界で独自にリストを作成していることはないということです。

 

では、どのように取り扱われているのか?という疑問が沸いてくるかと思われます。それは、日本には”信用情報機関”という機関が存在し、そこで取り扱われています。また、実際のその中身は、利用者が貸金業者からキャッシングをする際に貸金業者がお金を貸せるかどうか判断する為に使われる情報と言われています。

 

そして、今回のキーワードともなっているブラックリストですが、信用情報機関に先ほどのように返済をしなかった、連絡もなしに放置している方の情報のことを俗にブラックリストと呼ぶのであって、”ブラックリスト”という本のようなものが実際にあるわけではありません。

 

実際にどのようなことをすると悪い情報として残されるか?

前述の通り、返済に関するトラブルの情報は信用情報機関に残されるわけですが、日本には、3つの信用情報機関が存在し、具体的には、以下の通りです。

  • <日本信用情報機構>
  • <全国銀行個人信用情報センター>
  • <C・I・C>

 

ちなみに、これらの機関は、全て国が指定を行っている機関であり、情報の管理を任されています。上記に挙げた3機関の間同士では、同じ情報をやり取りすることができ、その情報は利用者がキャッシングをする場合の審査に使われる情報と食い違いがないかを確認するために用いられます。当然、そこには、以下に示すような返済を遅らせる等の悪い情報も残されることになります。

 

  • レジットカード代金のお金を支払わない
  • 分割で払うはずの携帯料金を支払わない
  • 奨学金を返済していない
  • キャッシングしたお金の返済が遅れている

 

以上のような悪い情報が残ってしまうことで、新たに別の会社からお金を借りようと思っても、そこの会社でも当然、情報の確認は行いますので、あなたがいくら返済を行うとは言っても、信用してもらうことが不可能となり、審査も通りにくくなります。さらには、キャッシングのみならず、悪い情報が残ることで、住宅ローンといったローンも組めなくなるとも言われています。キャッシングというのは、他からお金を借りることであり、それを決められた日に返すというのは最低限の決まり事とも言えるでしょう。そのような最低限のことが出来ない方に、お金を貸すわけにはいかない、という貸金業者の考えは何も不思議なことではありません。

 

では、1度このような情報が残されてしまうと永久に消えないのか?というとそれはありません。定められた期間が過ぎればきちんと抹消されますので、ご安心ください。とはいえ、情報によって保管期間も異なりますので、注意しなければいけませんし、そして何より、返済が行えない際は、その旨を会社に伝えれば悪い情報として残されることも少ないので、そちらを意識してもらいたいと思います。

 

  • ブラックリストという名前の”本”のようなものはありません。
  • 返済の遅れ等のトラブルの記録が、”ブラックリスト”と思って頂いても問題ありません。
  • 携帯料金を支払わないといった小さなことも、情報として残されるので、注意が必要です。

 

これまでのことをまとめると

正確に言うと、”ブラックリスト”というのは俗称であって、そのようなものが存在するわけではありません。しかしながら、情報が残されることで、キャッシングをするのは非常に難しくなるのは間違いありません。

 

もし、どうしてもお金が必要になった場合は、3つの信用機関全てに情報が残されているわけではありませんので、残されていない信用機関の情報を用いている会社を選択すれば、キャッシングが出来ることになります。このようなことに該当される方は、自分が利用しようとしている会社が、どの信用機関であるかチェックしてみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日