限度額ってどうやって決まるの?

キャッシング利用できる金額には法律で定められた上限とは別に「限度額」というものが設定されます。限度額とはキャッシングサービスを提供している業者ごとに定められ、キャッシングの申し込みを行うと審査をされ収入などによって何円までなら貸す事ができるかという判断をされます。返済が可能であると判断された金額が限度額になるというわけです。

 

もちろん収入が少なければ限度額は低く設定されてしまいます。しかし、収入がいくら多くても他社からの借入が沢山あったり、過去に返済を滞らせていたりする場合も低い設定にされてしまいます。限度額というのはきちんと返済できるであろう金額を定めるわけですから、返済を滞納している人は当然低くなるわけですね。また、初回利用時には限度額は低めに設定されるようです。この場合は長期的に利用することで限度額の引き上げが出来る事も少なくありません。当然ながらこの場合も返済はしっかり行っている必要があります。

 

キャッシングの限度額を引き上げるための方法

キャッシングの限度額を決める判断基準はいくつかあります。それぞれの情報からより信頼できると思われる状況に改善していくことで限度額が引き上げられる可能性があります。

 

勤務先の情報と勤務年数

勤務先の情報を調べる事で実際の収入や今後も給料がきちんと支払われるか、ひいてはしっかりと返済を行うことができるのかを判断されます。また、勤続年数が伸びれば伸びる程安定した生活をしていると判断できますから何年働いているかも重要です。パートやアルバイト、勤続年数が短い場合は限度額が低く設定されます。

 

保険加入状況

保険に加入しているかどうかも重要な判断基準です。また国民健康保険よりも社会保険の方が優遇されます。社会保険に加入しているということは収入があるということですから信用度が高まるわけです。

 

住居の情報

必ず正しい情報を伝える必要があります。実際に住んでいない住所を伝えるなんてもってのほかです。また賃貸よりも持ち家の方が信用度が高いと言えます。

 

借入する目的について

意外とこれは重要です。利用する目的が明確であれば返済プランもしっかり用意できますから信用されやすくなります。目的が不明だったりギャンブルのような目的だと信用されず限度額が低くなったり場合によっては借入自体できない事もあります。

 

まとめ

限度額は自分の収入などの信用度によって決定されます。また最初から限度額を高く設定してくれる業者はないと言っていいでしょう。そもそも必要以上に借入する必要はありませんから必要最低限だけ借入をして、どうしても追加でお金が必要になった場合は後から限度額の引き上げを申請してみましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日