カードローンの融資が早いのは消費者金融?銀行?

キャッシングで金利と同じくらい気になるのは融資までの時間ですよね。キャッシングといえば消費者金融か銀行のカードローンが思い浮かぶと思います。

 

この2つを比較すると消費者金融の方が入金まで早いことがほとんどです。なぜ消費者金融の方が入金まで素早く行ってもらえるのでしょうか?

 

早く借入れできるおすすめの消費者金融カードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融の方が審査が早いわけ

 

審査速度で差別化をする

消費者金融は沢山ありますから審査が早い業者に顧客が集まります。そのため他社よりも早い審査を行って新規顧客を集める必要があります。キャッシングを利用する顧客は急ぎでお金が必要な場合が多いためスピード重視になっているわけです。総量規制によって貸付できる金額が制限されたり、過払金の返還請求などもあわさり新規顧客を集めなくてはいけないという環境もスピード審査を後押ししています。また銀行のカードローンは消費者金融と比較して低金利なため消費者金融はスピードで対抗しなければいけないという面もあります。そもそも消費者金融は銀行からお金を借りてお金を貸しているという性質上、銀行より金利を安くすることはできないのです。

 

審査の基準が比較的ゆるい

消費者金融では銀行と比較すると審査基準が比較的ゆるいと言えます。もちろんお金を返してもらえなければ困りますから最低限の審査は行います。しかし、基本的な審査はコンピューターによって行い後はスタッフが最終確認をしてすぐに入金といった形になっています。過去の融資などに問題がなく、必要書類がきちんと揃っていればあっという間に審査が終わります。明らかな虚偽の報告や書類の偽造があれば当然審査に落ちますが、貸付のノルマなどもある為ある程度の事であれば見逃されて融資を受けられる場合もあるようです。一方で銀行のカードローンでは細かな点まで審査が行われます。例えば書類そのものが偽造でないかといった点までチェックします。また、消費者金融では書類が揃っていれば電話での在籍確認などを行わないケースもありますが、銀行のカードローンではほぼ確実に電話での在籍確認を行います。こうした点から銀行でのキャッシングでは審査に時間がかかってくるわけです。

 

自動契約機によって審査を行える

大手の消費者金融は自動契約機を各地に設置しています。自動契約機は営業時間の制限はあるものの土日祝日でも審査を行い融資まで可能になっています。営業時間については各業者のホームページで確認しておきましょう。銀行のカードローンの場合、そのほとんどが自動契約機は用意されていません。つまり店舗の営業時間をすぎてしまうと当日中の融資はまず受けられません。一部の店舗では営業時間外でも自動契約機が利用できる事もありますが、必ずしもそうした店舗が近くにあるわけではありませんから一般的には消費者金融の方が審査の環境が整っていると言えるでしょう。またインターネットで事前に審査を行えますので併せて利用すればスムーズにキャッシングを利用できます。

「現金が必要で困った!」ら、消費者金融がイチオシ!

もしもネット環境に恵まれている、また自宅近くに大手消費者金融のお店や自動契約機があるならば、申し込みはとってもスムーズです。

 

消費者金融って怪しくない!?

もしも「違法な利子」「暴力も厭わない取立て」といったイメージと消費者金融が重なっているようならば、それは誤りです。正規消費者金融は法律に則った運営を行わなければならず、万一遅延損害金が発生した場合においても年利20%を超えることはありえません。

 

実力行使の取立てはあり!?

もしもお客様の都合で返済が遅れ、消費者金融からの督促を故意に無視した場合に限り、ご自宅まで係員が受け取りに行くことはあるでしょう。しかしながら、その場合においても家の中に押し入ることはなく、順を追って法的手続きを取り、裁判所の同意の下に行う決まりです。

即日キャッシングのことならキャッシングチック!

 

意外な事実!銀行よりも紳士的

遅延した場合の対処方法は銀行と比較した場合には、ほぼ同じ、あるいは銀行のほうが厳しく行うことでしょう。こんな観点からも、現金が必要で困ってしまったならば、消費者金融がお勧めなのです。審査基準も低く、お客様の立場でサービスを行う点も優れています。

 

ネットで簡単! 申し込みはとってもスピーディ!!

消費者金融へのお申し込みはネットを介する方法が便利です。専用フォームに必要事項を入力してから送信すれば、通常は30分から1時間くらいで審査の回答が得られます。申し込みをした時間帯により、回答が翌営業日以降にずれ込むこともありますが、午後9時までならば大抵の場合には即日回答が得られているようです。

 

注意しなくてはならないのが、会社への在籍確認です。これは会社が営業している時間内に依頼しなくてはなりません。さらに、平日午後2時以降に審査回答が出た場合、土日曜・祝日に申し込んだ場合では、通常申込みでも即日融資は不可能です。その場合には、自動契約機をご利用ください。

 

理由は、ネットを介した申し込みで即日融資希望の場合、カードが手元にない状況になります。したがって、銀行振込対応となるのですが、銀行取引は平日午後3時までに限られているので、平日午後2時を過ぎた申し込みは銀行振り込みがなされないことが想定されます。消費者金融の店頭サービスを利用して申し込んだ場合、その場のカード発行、及び即日融資が可能になりますが、もしも店頭サービスを受けられない状況下にあるならば、取引は不可能です。店頭サービスの休業日並びに営業時間外も同じです。

 

そこで注目したい自動契約機。これは全国各地に設置されており、平日以外の土日曜・祝日も概ね午後9時まで営業。さらにその場でのカード発行で即日融資もOKになります。これは大きなメリットで、大手消費者金融以外に自動契約機サービスを展開している会社は無いといっても過言ではありません。審査のスピードを考慮しても、即日融資を希望するのであれば、大手消費者金融がイチオシなのです。銀行カードローンを始めとする他の金融会社のキャッシングを考えているならば、早めに行動しないと「本当に必要な時」に間に合わない恐れが出てきます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴